丹生とごっこプレイ【女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。】29話ネタバレ(漫画 画像 結末 試し読み)

 

 

AVよりも

エッチまんが好きなあやなです❤

 

 

 

 

エッチまんが

【女の子が落ちた先は、

俺の息子の先っぽでした。】

が好き過ぎて専用の

ネタバレサイト作りました♪

 

 

よろしく応援お願いしま~す♪

 


 

ネタバレ前に

無料試し読みをすることを

オススメします!

 

↓ ↓ コミなび公式 ↓ ↓

 

 

⇒28話ネタバレはこちら

 

 

29話【「全部入りましたよ、お客様・・・」店員口調でゆっくり焦らされ責められて・・・】

コンコン

 

 

「開けるよー」

とスタッフルームに入ってきたのは

カフェの店長(男性)だった。

 

 

「どしたの丹生さん?」

と聞かれる丹生は

テーブルに伏せるように座って

壮介を隠すようにしていた。

 

 

「ちょっとお腹痛くて・・・

女の子の日なんですよ!」

と答えて誤魔化そうとする丹生。

 

 

その時

壮介は丹生の胸を吸い

乳首を沿う様に舌で舐める。

 

 

「薬飲んで

早めに復帰してね

じゃ」

と店長は壮介に気付かずに

スタッフルームから出て行く。

 

 

「もう・・・っ

人が来た途端

激しくするのやめてよ・・・っ」

 

 

「気付いちゃった?」

 

 

「キモっ」

 

 

2人はゴロンとソファーに寝転がり

激しくエッチを始める!

 

 

壮介の手は

丹生のアソコに伸び

くちゅくちゅと弄り始める♪

 

 

感じる丹生は

壮介のアソコをしゃぶり

「今日はどうなさいますか

お客様?」

と自ら挿入していく・・・

 

 

くちっ・・・

 

 

ズププ・・・

 

 

「すごいゆっくりだな・・・」

 

 

「ふふ・・・

全部入りましたよ

お客様❤・・・」

 

 

「ゆっくり

動かしますよ・・・っ」

 

 

「どれくらい我慢できます?」

 

 

激しくなる丹生とのエッチの続きは本編で。

 

無料試し読みもできます。

 

↓ ↓ コミなび公式 ↓ ↓

 

 

⇒30話ネタバレはこちら