丹生と洗いっこ【女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。】12話ネタバレ(漫画 画像 試し読み)

【コミなび純稿】女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。ver1

 

 

AVよりも

エッチまんが好きなあやなです❤

 

 

 

 

エッチまんが

【女の子が落ちた先は、

俺の息子の先っぽでした。】

が好き過ぎて専用の

ネタバレサイト作りました♪

 

 

よろしく応援お願いしま~す♪

 


 

ネタバレ前に

無料試し読みをすることを

オススメします!

 

↓ ↓ コミなび公式 ↓ ↓

【コミなび純稿】女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。ver1

 

 

⇒11話ネタバレはこちら

 

 

12話【2階のあの子と一緒にお風呂!ぬるぬるっとアソコを洗いっこ!!】

主人公の相川壮介は

バイトに行く途中に

財布を忘れたことに気付き

部屋に戻るが

そこでは大家の清水由紀が

1人エッチをしていた。

 

 

その場面を目撃した壮介は

由紀にシッ〇スナ〇ンを強要し

2人一緒に果てることに。

 

 

その後バイトに行き

戻ってきた壮介は

由紀から罰として

夕飯抜きにさせられる。

 

 

仕方がなく外食に行こうとする

壮介だがその前に

お風呂に行く。

 

 

部屋には風呂がなく

共同風呂になっている

アパート。

 

 

風呂に行くと丹生が

ブラを取ろうとしていた♪

 

 

「すまん!

っていうか

バイトは深夜までじゃ

なかったっけ?」

 

 

「そうなんだけど

1時間休憩もらえたから

帰ろうと思って」

と言いながらブラを外し

おっぱいを壮介に

見せつけるようにする丹生。

 

 

おっぱいがとても気になる

壮介だが

もうエッチな事はしないという

誓いをしたし・・・

と葛藤する。

 

 

そんな壮介に

「一緒に入る?」

と誘う丹生。

 

 

「一緒に入る?

って聞いてるんだけど」

 

 

追い打ちをかける丹生。

 

 

一緒に入りたい気持ちもあるけど

由紀に見つかったらマズいと

壮介は断ろうとするが・・・

 

 

「この時間

いつも清水さん寝てるじゃん」

 

 

「今度舞台で

そういう役やるの」

 

 

「洗いっこ

するだけだから!

お願い!」

 

 

ここまで丹生に

おねだりされては

壮介も断れず

結局一緒に風呂に入ることに。

 

 

壮介と丹生は

タオル1枚のみを挟んで

シャワーを浴びる・・・

 

 

「あははっ楽しいね~」

 

 

無邪気に楽しむ丹生だが

明らかに誘っている。

 

 

そんな丹生とは裏腹に

浮かない顔の壮介は

エッチな事をしないという

禁忌を破りそうで

恐れていた。

 

 

そんな壮介を

弄ぶかのように丹生は

「タオルどけてほしい?」

と更なる誘惑をしてくる♪

 

 

「タオルどけたら終わる・・・

俺の息子が」

 

 

まだ理性を保つ

壮介だが

丹生の背中を洗っている間に

息子が元気になってしまう。

 

 

「ちょっと・・・

何か固いの

あたってるんですけど?」

 

 

その後も何とか理性を保つつ

目をつぶって

洗いっこする壮介だが

丹生の柔らかい肌の感触や

誘惑に

耐えられなくなってきて・・・

 

 

(・・・我慢ってなんだっけ)

と一気に暴走し始める♪

 

 

「ちょっ・・・

いきなり何で素手?」

 

 

もう止まらない壮介は

両手で丹生のおっぱいを

洗い続ける。

 

 

「エッチな事はしないって

ルールじゃ・・・」

 

 

「洗ってるだけだぞ?」

 

 

「いじわるっ・・・

あぁっ!!」

 

 

感じてしまう丹生は

壮介にお返しとばかりに・・・

 

 

「あのさ

洗ってるんだったら・・・

もちろんここも

洗ってくれるよね?」

 

 

大股開きで

アソコも開いて

誘ってくる丹生❤

 

 

 

続きは本編にて。

 

無料試し読みもできます。

 

↓ ↓ コミなび公式 ↓ ↓

【コミなび純稿】女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。ver1

 

 

⇒13話ネタバレはこちら