丹生にもう1人の男の影【女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。】30話ネタバレ(漫画 画像 結末 試し読み)

 

 

AVよりも

エッチまんが好きなあやなです❤

 

 

 

 

エッチまんが

【女の子が落ちた先は、

俺の息子の先っぽでした。】

が好き過ぎて専用の

ネタバレサイト作りました♪

 

 

よろしく応援お願いしま~す♪

 


 

ネタバレ前に

無料試し読みをすることを

オススメします!

 

↓ ↓ コミなび公式 ↓ ↓

 

 

⇒29話ネタバレはこちら

 

 

30話【もう声抑えられないくらい・・・激しく突きまくって、最後まで・・・】

ズプッズプッ

 

 

「あっあっ」

 

 

スタッフルームの外にまで響く

丹生の喘ぎ声。

 

 

スタッフルームの扉の前で

タバコを吸いながら

店長はその声を聞いていた。

 

 

「あっあっあん」

 

 

パンパン

 

 

「うっ」

 

 

「ああっ・・・」

 

 

丹生を激しく正常位で責める壮介は

丹生の中で果ててしまう❤

 

 

行為が終わった後

「ここまでやっていいいとは

言ってないでしょ!」

と言う丹生に壮介は

「お前が煽るような

真似したから・・・!」

と言い訳をする。

 

 

「で

ちょっとは気持ち晴れた?」

と聞く丹生。

 

 

すると壮介は

「俺まだどっちが好きなのか

分かんねーんだ」

と答える。

 

 

それを聞いた丹生は

「そっか

じゃあゆっくりでいいから

答えを出してね」

と壮介のホッペに優しくキスをする。

 

 

「休憩終わりだから」

という丹生はカフェの裏口まで

壮介を見送る。

 

 

「またね

相川さん」

と丹生が言うと

「同じアパートなんだから

いつでも会えんだろ

じゃ!」

と帰って行く。

 

 

丹生と別れて

ふと気になった壮介は

振り返ると

そこには丹生を抱き寄せて

お尻を撫でる男の姿が・・・!

 

 

2人のエッチと

丹生に近付く男の正体は本編で。

 

無料試し読みもできます。

 

↓ ↓ コミなび公式 ↓ ↓

 

 

⇒31話ネタバレはこちら