丹生のバイト先でエッチを始める2人【女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。】28話ネタバレ(漫画 画像 結末 試し読み)

 

 

AVよりも

エッチまんが好きなあやなです❤

 

 

 

 

エッチまんが

【女の子が落ちた先は、

俺の息子の先っぽでした。】

が好き過ぎて専用の

ネタバレサイト作りました♪

 

 

よろしく応援お願いしま~す♪

 


 

ネタバレ前に

無料試し読みをすることを

オススメします!

 

↓ ↓ コミなび公式 ↓ ↓

 

 

⇒27話ネタバレはこちら

 

 

28話【バレたらやばいのに・・・!あの子のバイト先で隠れてちゅぱちゅぱ】

壮介の部屋の天井に

穴が空いたの丁度1か月前。

 

 

由紀と丹生と一緒に

暮らす生活も

穴が修理された今日で幕を閉じた。

 

 

こうるさいと思ってたけど

いざいなくなるとさみしいもんだと

部屋で1人考えていた壮介は

ちょっとでかけるかと外に出る。

 

 

丹生のバイトしているカフェを

見つけると

丹生が今いるかなと思い入店する。

 

 

「一名様でよろしいでしょうか?」

と声をかけてきたのは

カフェの制服を着た丹生。

 

 

「何で来たのよ」

と壮介に迷惑気味に言うが

「あと少しで休憩だから

待ってて」

と満更でもない丹生。

 

 

休憩時間になり

スタッフルームにいる丹生。

 

 

何故か壮介を膝枕している。

 

 

壮介も

「仕事場だろ

いいのかよ」

と困惑している。

 

 

「何か悩み事が

あるんじゃないの?」

 

 

「女はね

好きな人の為なら

何でもするよ」

 

 

「というわけで

私のないおっぱいを揉んで

元気だして❤」

と制服を脱いで胸を出す丹生。

 

 

「見つかって

クビになったらどーすんだよ」

と言いながらも壮介は

丹生の胸を揉んで乳首を・・・❤

 

 

丹生とのバイト先でのエッチの続きは本編で。

 

無料試し読みもできます。

 

↓ ↓ コミなび公式 ↓ ↓

 

 

⇒29話ネタバレはこちら