泣きながら告白する丹生【女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。】22話ネタバレ(漫画 画像 結末 試し読み)

 

 

AVよりも

エッチまんが好きなあやなです❤

 

 

 

 

エッチまんが

【女の子が落ちた先は、

俺の息子の先っぽでした。】

が好き過ぎて専用の

ネタバレサイト作りました♪

 

 

よろしく応援お願いしま~す♪

 


 

ネタバレ前に

無料試し読みをすることを

オススメします!

 

↓ ↓ コミなび公式 ↓ ↓

 

 

⇒21話ネタバレはこちら

 

 

22話【夜店を抜け出し、あの子の浴衣を脱がしてくちゅくちゅっ!!】

祭の屋台に来た壮介たち3人。

 

 

大家の清水由紀は

めちゃくちゃはしゃいでいるが

女優の卵の丹生砂生は

そっけない態度。

 

 

なんとなく

丹生との距離を感じる壮介は

(3Pが初めてで

緊張してるとか?)

まだ勘違いしていた。

 

 

そんなどうしようもない

考え事をしていると

由紀は祭に来ていた子供たちと

屋台で戯れていて

しばらくほっとくことにした

壮介と丹生。

 

 

「お母さんみてえだよな」

 

 

由紀を見て呟く壮介に

むっとした丹生は・・・

 

 

「相川さん

ああいうのタイプなんだ

分かり易すぎ」

 

 

壮介を弄ぶかのように言う。

 

 

仕返しとばかりに壮介は

丹生に質問をする。

 

 

「清水さんと何こそこそ

露天風呂で話してたんだよ」

 

 

「私の質問

答えてくれたら

答えるよ」

 

 

「さっきは

清水さんと

楽しかった?

全部聴いちゃった」

 

 

「露天風呂でね

話してたの

清水さんと

相川さんの事」

 

 

「3人で旅行に行ったら

絶対に楽しいなと

思った事とか」

 

 

それを聞いた壮介は

3人で楽しいとは

3Pのことじゃなかったんだ

やっと勘違いしていたことに気付く。

 

 

「私・・・」

 

 

「私

嘘ついたの

3人一緒なら楽しいなんて

そんな訳ないじゃん」

 

 

「相川さんの事

好きだもん」

 

 

ぼろぼろと泣きながら告白する丹生は

壮介を誘惑して・・・

 

 

続きは本編にて。

 

無料試し読みもできます。

 

↓ ↓ コミなび公式 ↓ ↓

 

 

⇒23話ネタバレはこちら