由紀と一緒に果てる壮介【女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。】9話ネタバレ(漫画 画像 試し読み)

【コミなび純稿】女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。ver1

 

 

AVよりも

エッチまんが好きなあやなです❤

 

 

 

 

エッチまんが

【女の子が落ちた先は、

俺の息子の先っぽでした。】

が好き過ぎて専用の

ネタバレサイト作りました♪

 

 

よろしく応援お願いしま~す♪

 


 

ネタバレ前に

無料試し読みをすることを

オススメします!

 

↓ ↓ コミなび公式 ↓ ↓

【コミなび純稿】女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。ver1

 

 

⇒8話ネタバレはこちら

 

 

9話【大家さん泣かせちゃった・・・反省代わりに、お腹にぶっかけ!!】

主人公の相川壮介と

大家の清水由紀はひょんなことから

狭い押入れの中で

密着することになり

ガマンできなくなった壮介は

息子を由紀のアソコに

擦り始める❤

 

 

ぐちゅぐちゅ・・・

 

 

「あっ・・・

あぁ・・・!!」

 

 

思わず声が漏れてしまう

由紀は

声が出ない様にキスしてほしいと

壮介にお願いするが

無視をして

激しく擦りあげる壮介。

 

 

すると由紀は

「ご近所さんに・・・

ばれちゃうからぁ・・・」

と泣き出してしまう・・・

 

 

「うわ・・・

泣いちゃった・・・

意地悪しすぎたかな?」

 

 

少し反省をする壮介は

由紀のお願い通りに

声が出ない様にキスで口を塞ぎ

更に激しく腰を動かす♪

 

 

「んんっ・・・

んっあぁぁぁっ・・・!!」

 

 

ついにイッてしまう由紀❤

 

 

同時に壮介もイッて

由紀のお腹にかけてしまう。

 

 

体をがくがくと震わせる

由紀に・・・

 

 

「大丈夫っすか」

と声をかける壮介。

 

 

「大丈夫かですって?

見てよ

おなか・・・

汚れちゃったじゃない!」

おなかにかかっている精液

壮介に見せつけるように

言う由紀。

 

 

すぐに身を起こして

何処かに行こうとする

由紀に・・・

 

 

「どこ行くんですか?」

と壮介が聞くと・・・

 

 

「お風呂よ!」

と怒りながら

その場を立ち去る由紀。

 

 

「はー

またやっちまった

でもとりあえず

今はバイト行かないと」

反省はするが

すぐにバイトだと

切り替えがとても早い壮介w

 

 

その頃

由紀がお風呂に行くと

偶然にも丹生と出会い

「そうだ

ちょっとお話いいかしら」

と話しかける由紀。

 

 

「相川くんに

いやらしいことされたでしょ?」

と単刀直入に聞いてくる由紀。

 

 

「えっ!?」

と答えに迷う丹生に・・・

 

 

「実は私もされたの

だから私たちが1人で居るのは

危険だと思うの」

 

 

「3人で一緒のお部屋に

寝ましょう」

 

 

なかなかに

スゴイ提案をする由紀だが

丹生もその提案に

乗ることに。

 

 

その日の夜

バイトが終わって帰ってきた壮介。

 

 

「おかえりなさーい」

 

 

エプロン姿の由紀と丹生が

壮介を出迎える。

 

 

「今日から丹生さんも

一緒に住むことにしたの」

 

 

「相川くんがもうスケベなこと

できない様に

ふたりで監視することに

したから」

 

 

壮介の意思とは関係なく

勝手に話を決める由紀。

 

 

「こういう時の

女の結束ってやべーな

早く天井直んねえかなぁ」

抵抗は諦めて

早く天井が直ることを

祈るばかりの壮介。

 

 

そしてこの時

由紀と丹生の女の戦いが

密かに始まっていた・・・

 

 

(絶対に相川くんは

渡さない!!)

 

 

(絶対に相川さんは

私のものになる!!)

 

 

続きは本編にて。

 

無料試し読みもできます。

 

↓ ↓ コミなび公式 ↓ ↓

【コミなび純稿】女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。ver1

 

 

⇒10話ネタバレはこちら