由紀と密室の中・・・【女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。】7話ネタバレ(漫画 画像 試し読み)

【コミなび純稿】女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。ver1

 

 

AVよりも

エッチまんが好きなあやなです❤

 

 

 

 

エッチまんが

【女の子が落ちた先は、

俺の息子の先っぽでした。】

が好き過ぎて専用の

ネタバレサイト作りました♪

 

 

よろしく応援お願いしま~す♪

 


 

ネタバレ前に

無料試し読みをすることを

オススメします!

 

↓ ↓ コミなび公式 ↓ ↓

【コミなび純稿】女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。ver1

 

 

⇒6話ネタバレはこちら

 

 

7話【あの子にバレないように・・・押し入れに隠れて大家さんをクリクリ!!】

主人公の相川壮介の

部屋の天井に開いた大穴から

2階の住人・丹生が降りてきて

エッチをおねだり♪

 

 

寝ている由紀の隣で

布団の中で

エッチをしてしまう。

 

 

由紀が起きてバレたらヤバイと

エッチの余韻もないまま

急いでその場を立ち去る丹生。

 

 

翌朝

掃除をしていた由紀は

ある物を見つけて壮介に怒り出す!

 

 

「これはどういう事ですか?」

 

 

それは

丹生が忘れていったパンツ・・・

 

 

しかも

エッチな体液付きで

ほのかに湿っている・・・

 

 

「何で

パンツ忘れてんだよ!?」

 

 

昨日の丹生とのエッチが

バレたらヤバイ・・・

 

 

青ざめて

どうやって言い訳しようかと

考える壮介。

 

 

するとその時・・・

 

 

ピンポーン

と突然のチャイム。

 

 

そのチャイムの音に驚いた

由紀は

足元にあったシーツで

足を滑らせてしまい

助けようと腕を掴んでくれた壮介

と一緒に倒れ込んでしまい・・・

 

 

その倒れ込んだ衝撃で

由紀の下着とシャツのボタンが

はじけて由紀の巨乳が

露になってしまう・・・

 

 

壮介に巨乳を見られてしまった

由紀は恥ずかしさから

顔を真っ赤にする。

 

 

まじまじと巨乳を見る壮介に

悲鳴が出そうになる由紀だが

その時に

「すいませーん」

と丹生が尋ねてくる。

 

 

どうやら昨夜忘れてしまった

パンツを探しに来た様子・・・

 

 

室内から反応がないので

上から行ってみようと

2階に開いた大穴から

室内に入ろうとする丹生。

 

 

由紀の巨乳が丸出しの状態で

2人だけで部屋にいるところを

丹生に見られる訳にはいかないと

由紀の手を掴んで

押入れに隠れる壮介。

 

 

狭い密室の中

壮介の目の前には

由紀の巨乳♪

 

 

やっぱりガマンができない壮介は

由紀にエッチなことを・・・

 

 

続きは本編にて。

 

無料試し読みもできます。

 

↓ ↓ コミなび公式 ↓ ↓

【コミなび純稿】女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。ver1

 

 

⇒8話ネタバレはこちら